Bookmark and Share

2016年03月01日

PiPO X6Sで夢を広げるも撃沈

PIPO X6Sという小型PCが発売されています。
http://www.pipo.com/product.php?id=208

CherrytrailなAtom X5-Z8300、メモリは4GBも搭載しWindows 10 Home 64bit入り、しかもNICが2個あるコスパ最高なPC。
Sophos XG Firewallに丁度良いと思いGeekbuyingのPresaleでさっさと予約、$191でお買い上げ。
春節を過ぎようやく受領しました。
DSC_0167.JPG

で、意気揚々とプリインストールのWindows 10の初期セットアップを終了させ
早速XG Firewallを入れたUSBメモリでブートさせようとするも、
UEFIでなかなかブートさせることができない!
BIOSもWindowsかUEFI shellしか選択肢がなく、自由にブートさせる気がない。
普通ならCD-ROMとかRemovable Driveとかも選択肢にあるでしょ。

WindowsでデバイスマネージャからNICを調べるも、何故かWifiアダプタ 1つしか表示されない!
NIC 2個はどこに行った・・・!?

仕方なく何やらAPが動いているようなので接続し、以下のようにAPの管理画面に入ってみた。
 1. http://192.168.1.1/ にアクセス(適当でいけた)
 2. ID/Pass: admin (適当でいけた)

まぁ普通の11nルータな感じでGo aheadサーバで動いているようですが、若干ライセンス違反な気が。
動作モードを見るとBridgeモードとGatewayモードがあり、後者でWAN/LANでNICを2個使うとの記載。
え、どっちもWifiルータ専用ポートでPC側はWifiしか使えないのかよ・・・ということで控えめに言ってゴミとなってしまった。

まとめると、以下の様な感じです。
 1.WifiルータにNCUライクなPCがくっついたアプライアンス。でもなぜかPC側が割と高スペック。
 (そもそも中国で人気なTV Boxの部類
 2.ACアダプタを挿すとWifiルータのほうが勝手に起動する。(NICのLink LEDでしか動作を見分けられない
 3.電源ボタンを押すとPCが起動する。

TV Boxと聞いて普通考えるのはKodiが自動起動するLinuxが入っているイメージだが、
そんなことお構い無くWindows 10を入れてTV Boxと名乗っている始末。Wifiルータとか要らないんだが。

自鯖はLIVAで間に合ってるし、とりあえずはお蔵入りですかね・・・。


Written at 22:37 | Comment(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。